履歴書で好感を与える特技の書き方例

履歴書作成のポイント

履歴書作成の際、頭を悩ますのが「特技」や「趣味」の欄。
得意なことがある過ぎる場合は別として特段人に自慢をすることがない場合、何を書いて良いのかわからないと悩まれる方もいるのではないでしょうか?

ここではそんな特技、趣味の記載の際のポイント、例について紹介していきます。

続きを読む

添え状と封筒

履歴書作成のポイント

添え状は、履歴書を郵送で送る際に、封筒に履歴書と共に添える挨拶状のようなものです。
最近ではネットから職務経歴書を添付してメールで応募をする機会が増えてきていますが、企業から郵送での応募を求められた場合はこれから書類選考をしてもらう企業に対しての大切なマナーの一つです。
履歴書、職務経歴書を郵送する場合は必ず作成し、同封するように心がけましょう。

続きを読む

写真について

履歴書作成のポイント

書類選考において証明写真は、第一印象を決定づける重要なポイントです。
ここでは履歴書に添付する写真の撮り方、写真の選び方、撮影時の服装などについて紹介していきます。

続きを読む

履歴書の形式、サイズなど

履歴書作成のポイント

履歴書は基本A4サイズのものを利用することが多く、A4サイズ2枚のものが、最も使われています。
特にこだわりなどがない場合はA4サイズのものを利用されるのが良いと思います。
また、これまでは履歴書というと、コンビニなどで売っているものに手書きで記入するというのが中心でしたが、最近では、ウェブでダウンロードしたものにタイプで記入したもので問題なく利用することができます。

続きを読む

転職回数の多い人が気をつけること

自己PRの書き方

「転職回数が多いと応募企業に対して「定着率が悪い」「飽き性」などのマイナスイメージを与えてしまうのではないか?」と不安に思われている方もいることかと思います。

外資系や業種によってはまだ転職回数に寛容的な企業もありますが、大手企業や古い企業などは転職回数自体が大事な採用基準になってきます。
実際にキャリアアドバイザーや企業の人事にアンケートを行ったところ、応募条件には掲載していませんが書類段階で応募基準は転職回数3回まで。中には2回から落とす企業もあります。

続きを読む

採用担当者に刺さる!自己PRの書き方、組み立て方

自己PRの書き方

職務経歴書内の「略歴」「経歴」「取得している資格」などの項目は、スキルや経験など”過去の実績”を紹介する役割を果します。

それに対し「自己PR」や「志望動機」は、次の転職先で”どういった事をしていきたいか””自分の何が活かせるのか”という”現在や未来”の事についてアピールする役割を持っています。

続きを読む

志望動機の書き方

自己PRの書き方

採用企業にとって志望動機は最も重要視をするポイントです。
特に社風や、カルチャーを大切にする会社はスキルや経験よりも「自社の社風に合うか」という点を重視しており、その判断を志望動機を見て行います。

人材の価値は「能力・経験」×「モチベーション(やる気)」で決まると言われています。

続きを読む

学歴の記載方法

履歴書作成のポイント

アルバイトの応募や新卒の場合は中学校から記載もありかもしれませんが、転職者の場合、履歴書への学歴の記載は高校入学から大学卒業くらいまでで充分です。高卒の場合は中学校から書き始めるようにしてください。

続きを読む

職務経歴書には何を書くべきか?

自己PRの書き方

いざ職務経歴書を書こうと思っても、何から書いていいのかわからない…という方も多いのではないでしょうか。
このページでは職務経歴書に書くべき項目をご紹介していきます。

続きを読む

年収の記載

履歴書作成のポイント

「希望年収を高くするとそれだけで印象悪く見えてしまうかも…」
「希望年収を低めに書いてしまうと低いままの年収で内定が出てしまわないか怖い…」

など、お金に関わる交渉毎で悩まれている方は多いのではないでしょうか。

年収は実力に比例しますので、仮に低い年収で入社してもその会社で成果を残せば自ずと評価はついてきます。ただし、そういう企業ばかりでないのも事実。その場合、入社時の年収が大きく影響しています。

続きを読む