年収はこうやって交渉しよう!

年収交渉 転職ノウハウ

希望年収を高く希望出したいけど、内定もらえなさそうで不安…。

希望年収を低めに書いてしまうと低いままの年収で内定が出てしまわないか怖い…

などなど、お金に関わる交渉では毎回悩まれている方は多いのではないでしょうか。

今回はそんな転職時の年収交渉にまつわる話を紹介してきます。

希望年収を勝ち取るための方法

年収は”一般的”には実力に比例すると思われますが、実際には社内の人事制度が整っていない企業も多く、リーダー、主任、管理者、事務長、施設長と役職がつかないと在籍年数が長くてもほとんど年収アップすることは望めない…。なんてことがよくあります。

その場合は、いかに入社時の年収に希望年収を勝ち取るかが重要になってきます。

応募企業への印象も配慮した上で可能な限り希望年収を実現する方法をご紹介します。

譲れないラインを決めて、履歴書に明記する

転職をする際に「この年収をもらえなければ転職はできない」というラインがあるかと思います。 例えばあなたの希望年収が400万円で応募企業の給与幅が400万円〜であれば特に希望年収を記載する必要はありませんが、給与幅が200万円〜400万円など幅が広かったり、下限が希望年収に届かない場合は希望年収を記載しておくことをオススメします。

なぜなら、書類選考を通過し面接後内定を得ても希望年収が合ってあらずお互いの時間の無駄になるからです。

希望年収ではなく自分の価値を伝える

ある企業の管理者候補のポジションで2名まで最終選考まで残った同じレベルの介護職Aさん、Bさんの選考で悩んでいるとします。 その際に、

  • Aは「私には子どもが二人いて家のローンもあるので年収400万円は欲しいです」
  • Bは「私はこれまで在籍してきた施設では離職者の減少に加え、施設の高稼働を維持してきました。そのため、450万円の年収を希望します。」

と年収を提示されたらどちらを採用したいと思うでしょうか? Aは自分の都合から年収を希望していますが、Bは施設の利益を優先し、自分の価値を示した後で自分の都合(年収)を希望しています。

応募者からすると年収は自分の生活や将来の貯蓄に大きく影響する大切なものです。 その一方、経営者からすると人件費は経費です。

せっかく経費を払うなら成果につながる経費を支払たいと思うのが経営者の常です。 ホンネでは「いくら欲しい」という希望額はあるかと思いますが、まずは自分がどう貢献できるかという価値を提示し、そこから企業側の納得度をみて伝えるのが転職活動をする上では一番良いです。

どうしても生活をする上でこの水準は守っておきたいというラインがあるようでしたら素直に伝えることも有りだとは思いますがそこまで重要ではなければ履歴書上では「御社規定に従います」と記載できることが好ましいです。

まとめ

昇給がほとんど見込めない企業が多い中、転職時の年収交渉は数少ない年収アップのチャンスなのでしっかり上記のポイントを抑えて臨みましょう。

年収交渉の際は、働く施設側のメリットから考えてアピールをしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました