転職が多い人の注意点

転職が多い人の注意点 転職ノウハウ

転職回数が多いと採用企業にとっては「定着率が悪い」「飽き性」などのマイナスイメージがついてしまいます。

転職回数に寛容的な企業もありますが、大手企業や古い企業などは転職回数自体が大事な採用基準になってくることも事実です。

実際にキャリアアドバイザーや企業の人事にアンケートを行ったところ、応募条件には掲載していませんが書類段階で応募基準は転職回数3回まで。中には2回から落とす企業もあります。

採用側が転職回数を気にする理由は2つ

  • 人間性への不安
  • 採用してもすぐに転職をしてしまうのではないかという不安

という点です。 

転職回数が多い方は、選考で人柄に対してのハードルが高くなります。

その為、しっかりと納得できる理由で転職をし、且つ今回の転職で長く勤めたいと思っているという点をアピールすることに注力して応募書類を作成する事を意識してください。

転職回数が多いと思われるのは何社目から?

業界や、応募企業(人気企業、大手企業、零細企業かなどによって売り手、買い手は異なる)によっても”多い””少ない”の認識は異なりますが、 一般的には20代で2回(今回の転職で3回目)、30代で3回、40代で4回辺りが転職回数が多いかどうかの判断の分かれ目です。

企業によっては転職サイトには掲載していませんが、採用基準に転職回数が今回で3回目の人までなど明確に基準を設けている場合もあります。

転職理由、転職回数はごまかさない

転職回数がどれだけ多くてもごまかさず、全て記載していきましょう。

中には一ヶ月しか在籍していない企業は記載していないというケースがありますが、それでは嘘になってしまいます。

転職の際に採用企業へのウソは禁物。全ての情報を含めあなたを採用しているため、万が一バレた場合は、内定取り消しの可能性もあります。

自分自身の信頼を守るためにも虚偽の記載は控えましょう。

転職回数が多い人の最大の強みは、経験です。

  • 他にない沢山の職場、職業を経験してきた点、
  • 1つのキャリアで多くの経験をした点

この点をアピールしていくことが転職成功の鍵となります。

そのため退職理由で自分が転職した理由を洗い出し、”相手に納得してもらえるか理由か?書き方か?”という点を何度も見直し、キャリアアップなどのポジティブな転職であったことを確実に伝えられるようにしてください。

前職の悪口は絶対書かない

退職理由を記載するときに一番に気をつけたいのが前職の悪口。

前職の悪口はそのままあなたの評価になって返ってきます。

そのため、前職を悪く書くようなケースは絶対に避けてください。また、どう考えても企業に問題があったというケースもあるかと思います。その場合はなるべく私見は避け、事実を淡々と書くようにしてください。

 [使ってはいけないネガティブ例] 

「上司が良くなかった」…いい人ばかりの職場はありません。

悪いと自分が思う上司の中でもやっていく能力は当たり前に求められるスキルです。

「残業が多かった」…どの企業でも残業はつきものです。残業が正しいということではありませんが、チームで働いている以上、必要な時は残業が求められます。 

「給与が低かった」「業績が悪くなってきた」…相場から見て圧倒的に低いのであれば通用しますが、平均から数十万円くらいの年収の低さであれば記載はしないほうが良いでしょう。

定着率への不安を払拭する

転職回数が多いと企業があなたを採用する際に懸念するのが「定着率」です。せっかく高い予算をかけて採用し、教育しても、定着しなければ戦力にはなりませんし、採用するだけ損です。

そのため、転職回数が多い方は、”今度の転職で最後にしたい”という意思表示を忘れないように記載してください。 

 スキルの高さでアピールする転職回数が多い方のメリットとしてあるのが、「様々な職場を見てきた」「スキルを色々学んでくることができた」「人脈がある」などです。

転職回数が多くても、職種、業種に関しては一貫している方も多いかと思います。 その場合は、職種、業種をひとまとめにして、スキルを基準に見やすいように記載してみてください。

タイトルとURLをコピーしました