トラブル回避!転職エージェントに登録する際に抑えておくべきポイント

転職エージェント 転職ノウハウ

転職サイトで求人を探しているとふとこんな求人に巡り合います。

夜勤、残業ほぼなし、介護福祉士
年収450万円〜

某有名転職エージェント

グループホーム、夜勤なし、残業ほぼなし
月給36万円〜

某有名求人サイト

夜勤も残業もなくて年収450万円は破格です。

  1. ついつい釣られて応募をしてみるとどうやら求人企業への直接応募ではなく、転職エージェントという人材を紹介している会社への登録画面に進みます。
  2. 応募したあと、電話がかかってきて「まずは面談してください」と言われ、言われるがままに面談に向かう…
  3. 面談に向かうと、上記のような好条件、高収入の求人は紹介されず、夜勤ありで月給25万円くらいの求人を紹介される。

おそらくこれから転職を考えている人の中にはこのようなエピソードにハマってしまう方も少なからずいると思いますので今回は悪質な転職エージェントにひっかからないよう注意点を紹介していきます。

転職エージェントについて知っておこう!転職エージェントってどんな所?

転職エージェントは求職者側からの呼び方で企業、施設側からすると人材紹介会社と呼ばれています。つまり、企業から求人を受注し、求職者を探してきて紹介する。紹介が決まった時に求職者の年収の20%~35%を紹介手数料として受け取るビジネスをしている事業を行っている会社のことを言います。

転職エージェントに登録するメリットは?

介護業界はどこも人材不足。働いてみたい施設に直接応募すれば良いのになんでわざわざ転職エージェントに登録する必要があるの?と思われた方もいるのではないかと思います。転職エージェントに登録するメリットはある程度はあり、それは…

キャリアのアドバイスが受けられる

面談時に今の転職市場の動向やどんな人物が求めらているか。自分の市場価値についても客観的視点で質問できたります。

例えば私の場合は今は小さな施設の管理者ですが

数年後に大手の大型施設の施設長を狙ってみたいと考えているのですが、今の自分だったらどういう所でどういうキャリアを積んでいけば到達できますかね?

なんていう自分のキャリア計画に沿ったアドバイスなんかも受けられたりします。

また自分のキャリアを話した上で職務経歴書にしっかりと魅力が反映されているかのアドバイスや添削も行ってくれます。

非公開求人が紹介してもらえる

一般の求人では募集していない少し変わった求人に出会えるのもメリットの一つです。
例えば、新規事業所の立ち上げ責任者や管理者、施設長クラスの求人。また介護職の視点を活かした他職種の求人なんていう自分では思いつかない角度の求人にも出会えます。

応募手続き、内定手続き、年収交渉も任せられる

エージェントから紹介された求人に応募するとあとは面接日程の調整から企業とのやりとり全てをエージェントが担当してくれます。

内定が出た際は希望年収の交渉などもエージェントを通じてやってもらえるのでここは本当にいいポイントです。

転職エージェントを使うデメリットと注意点

良い点がある一方、理解しておいたほうが良い注意点もあります。

登録時の求人は架空の求人のことが多い

よくある手口で冒頭でも紹介した求人や

・夜勤なし、グループホーム月給33万円

のようにありもしない条件の良い架空の求人で登録を促し、実際に面談に行くとなんやかんやで難癖をつけ掲載していた求人よりも条件の低い求人を提示されます。

ですので登録時の求人にそのまま転職できるとは思わないでくださいね。

直応募よりも採用企業の内定基準が上がる

転職エージェントのサービスは無料で受けることができますが、それは採用企業側から紹介手数料をあなたが転職した際に請求しているからです。

一般的に紹介料金の相場は年収の30%ほどです。

つまり年収300万円だとしても1人採用に90万円の手数料が企業側に発生するのです。

仮に応募施設にあなたと同じスキルの応募者が直接応募をしていたとしたら迷わず採用側は直接応募の求職者を採用するでしょう。

つまり、直応募よりもシビアに判断されてしまうのです。中には紹介手数料が払う余裕もない企業があり、直応募なら内定をもらえるのに紹介会社経由だから受からないなんてこともあります。

そういう点は転職エージェントは登録時に教えてくれないと思うのでよく理解しておいてください。

あなたの意向を無視した強引なエージェントも中にはいる

ほとんどの転職エージェントは良い方達だとは思いますが、中には悪質なエージェントもいます。

例えばエージェント経由でなく直接自分で応募して転職活動をしようとすると「当社を通して応募してください。そうしたほうが絶対良いです」と根拠もないままエージェント経由での転職活動を強引に促すような人たちもいます。

良い転職エージェントの見つけ方

転職エージェントは良いところも悪いところもありますし、最終的には担当の転職コンサルタントによって質は様々かと思います。その上で良い転職エージェントに出会う方法を紹介します。

大手転職エージェントにまず登録

転職エージェントを使わないでも転職はできると思いますが、自分では探しきれない求人に出逢いたい。変わった求人をもっと知りたいなど転職の視野を広げたい方は、まずは大手転職エージェントに2~3社登録することをオススメします。

比較することで良さもわかり、自分に対する客観的なアドバイスももらうことができます。

介護業界に強い転職エージェントは数が少ないので厳選して2社紹介します。

マイナビ転職

マイナビ介護職HP

40年以上転職支援をしてきた老舗の転職エージェントです。
転職コンサルタントの質も高く、無理な勧誘などもないので安心してキャリアの相談ができると思います。キャリアの相談ができる拠点が全国に10数箇所あるのもポイントです。

私も自身が管理者になってから登録しましたが、これまで経験のなかった超高級有料老人ホームのような面白い求人も紹介してもらえました。

ベネッセMCM

ベネッセMCM

ベネッセグループの運営する医療・介護に強い転職エージェントです。

カイゴジョブエージェント

介護・医療業界の大手転職サイトを運営する「カイゴジョブ」の転職エージェントです。業界トップクラスの求人情報数を保有しているので提案の幅が広いです。

まとめ

ほとんどの転職エージェントが上記のような問題に対して誠実に向き合い、求職者、求人企業にメリットのあるように活動をしているとは思いますが、中には(それなりの数)上記のような転職エージェントも存在しています。

転職エージェントに登録する際には今回紹介した転職エージェント側の都合も理解した上で賢く使うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました