ダメな施設長の特徴と、なぜそういう人が施設長になるかの背景

少し過激で挑発的なタイトルですが、施設で働く人、ご利用者様、ご家族、地域にとって施設長の存在は大きく、施設長次第で施設の格は決まると思っています。

ただ、とても重要なポジションになぜこの人?という施設があるのも事実。

そこで今回はダメな施設長の特徴となぜそういう人が施設長になるかの背景をまとめさせていただき、自戒も込めて現在管理者である私自身も精進していきたいと思います。

ダメな施設長の特徴

それでは、ダメな施設長の特徴を紹介していきます。

介護経験がない・介護に興味がない

施設長の仕事は数字の管理や人事戦略など現場仕事ではないものの、根本的に介護に興味がなく、しかも経験もないと施設長として実施する施策が地に足についていない現場の職員の気持ちを汲み取れない結果に終わります。

明らかにダメなケースですが、実際に施設長クラスとなるとそれなりにこういう人がいます。というのも、介護が得意な人が必ずしも数字やマネージメントが得意なわけではなく、マネージメントや数字に強い人が介護業界にいない場合は異業種の大手企業などで管理職をしていた経験の人を引っ張ってくることがあるからです。

このやり方はうまくいくこともあればうまく行かないこともありますが、根本的に仮に異業種で転職をしてきたとしても夜勤もおむつ交換もしたことがないというのは介護施設の施設長としては厳しいと思います。(下手でも良いですし、誰よりも得意になる必要はありませんよ)

人のせいにする他責型の人間

こちらも施設長でなくても問題ではありますが、ごく稀にいます。
施設長は普段は忙しくはないですし、フロアを走り回ったりするわけではありませんが、有事の時にはだれよりも働き施設を守っていかなくてはいけません。

後ろを守ってくれる人がいないポジションでもあり、その中で問題の原因を誰かのせいにしたり根本的に問題解決に取り組まず、責任転換に時間をつかっているような方は施設長には向いていないでしょう。

プライベートが楽しそうじゃない

人間の魅力ってオフの過ごし方で育ってくると思うんです。
プライベートで趣味もなく、家庭もなく、家に帰っても特にすることないような人って暇だから仕事しているケースが多く。一緒にいてもワクワクもしないし、この人みたいになりたいっておもえないですよね。

ここまでくると感じ方は人それぞれによると思いますが、大きな要素だと思います。

立場を利用したパワハラ

タイトルとURLをコピーしました