デイサービスでの入浴専門職の活用

デイサービスの介護現場では

  • 入浴
  • 送迎
  • フロア業務全般
  • 見守り

などに分かれており本来であれば職員全員が全業務をできるのが良いですが運転免許がなかったり、介護系の資格をもっていなかったり、無資格無免許でも人がいないから採用しなければいけなかったり…。など調整が大変な中運営をしているのかと思います。

そんな人手確保が大変な中、私の働く施設では、午前専門の入浴担当の活用を紹介します。

すでに活用している施設も沢山あるかと思いますがまだの事業所は参考にしてみてくださいね。

入浴専任って?

デイサービスなどの入浴介助だけを専任に担当する仕事です。
デイサービスによりますが、例えば午前中に入浴を実施する際にフロアが手薄になります。そこで入浴介助だけを専任に担当していただく人を配置します。

入浴介助が2人体制の施設などは未経験から採用して教育をしていくのもありかと思いますが基本的には介護の中でも入浴は難易度が高いため経験者に担当していただいています。

どんな人が適任?

入浴専任は見守りやフロア業務とは異なり身体介護が中心となるため一定のスキルと経験が求められます。

また、フロアを見ていないため入浴担当する方の普段のADLを把握するのが難しいため申し送りや観察ができている人材でないと務まりません。

人材に求める難易度が高い代わり、午前だけ、または午後だけの短時間で仕事を終えることができるため子育て中の介護経験者のママや長時間が働けない層、副業の介護職が検討してくれる可能性が出てきます。また募集をかけると近所の方が応募をしてくる傾向が高いため交通費がかからないのも運営側からすると大きなメリットです。

実際の働き方例

あくまでも私の働く事業所の例ですが、週2回から3回程度、8時半に出社し13時まで休憩なしで働いてもらっています。9時頃入浴を開始し、11時半頃終了。その後フロアの見守りなどを担当してもらっています。

入浴介助が連続で続くと介護職も嫌がるためパートさんが入ることで業務の負荷も減らすことができますし、13時まで残ってくれるので早休憩に入る人員も多く確保でき非常に助かっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
入浴介助は簡単な仕事ではないのである程度のスキルは求められるものの、スキルはあっても子育ての都合でなかなか働くことができない子育て層などにアプローチできるため時短のこのようなスポットの仕事を活用するのはオススメです。

ぜひ活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました